日頃、からきしソーセージなんて食べないのですが、近頃賞味期限がほど近い妨害ソーセージを破格の額面で購入しました。お肉とは違ううま味があるソーセージだ。しかも妨害なので、相当大きな集合だ。
めっきりハッピーですし、献立の予覚だ。妨害ソーセージの作り方を探索をすると、シチューの作り方が挙がっていました。寒くなり始めた昨今だ。シチューなんて好ましいか。
コンソメテーストでジャガイモといった人参という玉ねぎを別個大柄にカットします。そうしてポトフといえばキャベツだ。キャベツもものすごく櫛形にカットして鍋に入れます。そうして妨害のソーセージも厚切りとして一緒にコトコト煮ます。ここで妨害のソーセージをザクザク含めるのが、おいしさを左右します。
今回はラグジュアリーに多々入れました。ソーセージの塩味って旨味がひろがり、至極旨いポトフができました。すっかり食べきってしまいたい衝動を解きほぐし、あすは部屋トマトを入れてテーストを変えて楽しみたいだ。秋期のシチュー、リッチなソーセージ入りは最高でした。ノビルンがamazonで好評中